引越し前にチェック!安く引越し業者を選ぶ方法

引越し前にチェック!安く引越し業者を選ぶ方法

これまでに住んでいた家を離れて新しい家に移り住むケースは人生の中でそう多くありませんが、仕事の都合や学校の都合などで何度も引越しをする人もいます。

特に転居が集中する時期というのは春先が定番になっていますが、この季節は出会いの季節でもあり、そして別れの季節でもあると言われているように学校や会社の関係で転居が集中する時期になっています。

もし、これから理由があって転居をする予定がある場合はどれくらいの手間や費用がかかるかということを事前に情報をきちんと収集しておく必要がありますが、引越し費用は業者に依頼すると数十万円という単位のお金が必要になってくることもあるので金銭的な負担は大きくなります。

もちろん業者に依頼しないと転居することができないという社会的なルールがあるわけではないので個人的に荷物をまとめて転居することも可能になっていますが、その場合は荷物を運ぶための車や運ぶための人員などが必要になるので確保する必要もあります。

引越し費用は高くなりやすいと言われており、これは転居にかかる費用だけでなく新しい家で生活を始めるための準備にも費用がかかるためですが、少しでも抑えたいのであればやはり引越しにかかる直接的な費用が抑えるポイントになります。

最近はかなり安い費用で引越しをサポートしてくれる業者も増えているのでインターネットなどを活用することで業者選びをすることができるようになっていますが、気をつけないといけないのはどこまで保障がついているかということも調べておく点です。

大切な荷物を預かって運んでもらうわけなので何かあったでは済まされない話しですが、引越し業者が忙しくなる時期は大手の会社でも経験が少ないアルバイトをたくさん入れているところがあり、それが原因でトラブルになるようなこともあります。

かかるお金のことを意識することも消費者としては当然の心理だと思いますが、それ以上に費用対効果を意識することも大切です。

引っ越しの挨拶の手土産は喜ばれるものを選ぶ

引っ越しの手土産には、ただ単に感謝の気持ちや挨拶の形式として持っていくだけではなく、せっかくなので、相手に喜んでもらえる手土産を選ぶようにしました。

手土産の内容は、500円程度で、日常生活の中でも使えるものが喜ばれるとのことでした。

ご近所さんには、子供がいる家庭やお年寄り夫婦の家庭など、家庭によってニーズも様々の用で何を持っていくか迷ったのですが、最終的には図書カードを持っていきました。

図書カードであれば、お子さんのいるお宅では絵本などを買うことができますし、お年寄り夫婦やお子さんのいないお宅でも図書カードであれば好みの本を買うのに使ってもらうことができます。

かさばらないものでもあったので、引っ越しのお知らせのカードを作り、封筒の中に図書カードを添えて挨拶をしてきました。

手抜きなようにも見えてしまうかもしれませんが、実は、引っ越し先のご近所さん絵の挨拶にも図書カードを使いました。

図書館―ドであれば、年齢や好みを問わずに使ってもらうことができたので、手軽で良かったと思います。

引っ越し前の土地のお菓子

お菓子は受け取って嬉しい手土産ではありますが、人によって好みもあるので、どうしたものかといろいろと考えました。

最終的には、引っ越し前のご近所さんはちょっとおしゃれなスポンジを選び、引っ越し先でのご近所さんにはお菓子を選びました。

北海道から東京への引っ越しだったので、引っ越し先のご近所さんには、北海道名物でもある、白い恋人をもって行きました。

白い恋人を見て、すぐに北海道出身だという事に気づいてくれたご近所さんもいて、北海道の話でもりあがっただけでなく、新しい土地での事情や便利なお店なども教えてもらうことができました。

お互いに好印象で挨拶をすることができ、新居での生活も良いスタートを切ることができました。

日常生活品を手土産に引っ越しの挨拶

引っ越しの挨拶の手土産を選ぶにあたり、誰でも使うことができる日常生活品を選ぶことにしました。

後に残らない食べ物も良いかと思ったのですが、最近では食べ物アレルギーが増えていることや、食べ物には好みもありそうだったので、気兼ねなく使うことができる日常生活品が良いと思いました。

また、あまり高価なものを手土産にもっていくと、感謝の気持ちが伝わるどころではなく、逆に相手に気を使わせてしまうので、適度な金額の品物を選ぶようにしました。

いろいろと悩んだ挙句に選んだのは、トイレットペーパーでした。トイレットペーパーにも、色や香りがついていると、使う人によっての好みもあるので、中身は白くてシンプルなトイレットペーパーで、かわいらしいラッピングがしてあるものを見つけました。

贈り物のトイレットペーパーということもあり、普通のトイレットペーパーよりも、ちょっと上質な紙でできているようでした。

近所のスーパーのギフト券で引っ越し挨拶

引っ越し前の挨拶は、ご近所さんたちから人気のあるスーパーマーケットのギフト券を用意しました。下手に品物を選ぶよりは、ギフト券であれば、使う人によって必要なものを買うのに使ってもらうことができるので、良かったと思っています。

金額は、ご近所さんには500円相当、地域の管理人さんには1000円相当のギフト券を用意しました。

引っ越しの挨拶の粗品で喜んでもらえる条件

引っ越しの挨拶の粗品を選ぶにあたり、喜んでもらえる条件について調べてみました。

粗品の金額は、もらった人が気を使わない程度の金額の商品であること、誰でも気兼ねなく使うことのできるデザインであること、好みに左右されない商品であること、などが条件となっているようでした。喜ばれる粗品の多くは、簡単な食べ物やお菓子、または日常生活品となっているようです。

引っ越しの挨拶で避けた方が良いとされる品物

引っ越しの挨拶にもっていく粗品を選ぶにあたり、避けた方が良いとされるNG商品についても調べてみました。

日常生活用品は比較的喜ばれることが多いようですが、それでもブランドにこだわっている人や、いつも同じ洗剤を使っているという人も多いことから、洗濯洗剤はあまりおすすめでないようです。

洗濯洗剤は、エコ商品にこだわっていたり、香りや洗浄力にもこだわっていることがあるそうです。

食器洗い洗剤も好みはありますが、こちらは比較的喜んで使ってもらえることが多いようです。

洗剤系はこだわりもありますが、スポンジであれば、食器洗いだけでなく、掃除にも気兼ねなく使うことができるので、喜ばれることが多いようです。

また、食べ物を選ぶ際には、フルーツや生菓子などは、長持ちしないことから避ける方が無難のようです。

また、飲み物もお茶は好きだけどコーヒーは苦手という人もいるので、お茶やコーヒーも避けた方が良いとのことでした。

これから喜ばれる粗品を探してみようと思います。

引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者


PAGE TOP